奄美大島、離島移住歴5年の移住者が生活スタイルの変化について解説します!




こんにちは。奄美大島移住歴5年のamamijiggingです。

前回の記事にて、移住後の収入と支出について赤裸々に説明させていただきました。

田舎暮らし希望者必見!離島移住者の家計簿を公開します!

今回は、移住前と後で生活スタイルがどのように変わったのかを解説していきたいと思います。

[結論]

移住してよかった。もう都会での生活には戻れません!

なのですが

項目毎に表にして解説していきましょう。

項目(全て年) 移住前 移住後 変化
本業の世帯収入(税込) 1200万円 436万円 約3分の1に激減
支出 600万円 254万円 約3分の1に激減
収入(手取り)ー支出 250万円 132万円 半減

収入も減ったけど支出も減ったなって感じです

移住前の年収は結構ありましたが、その分税金で持っていかれましたので、手取りは850万くらいじゃないでしょうか。

それ考えると、収支の余りは思ったより変わらないような気がします。

元々あまり贅沢に興味がなく、関東に住んでいたころは、車も持たず、センベロの居酒屋に通うなどして比較的節約していた方だと思います。

その他いろいろ比較してみましょう

項目 移住前 移住後 変化及びコメント
通勤時間(片道) 1時間~2時間 5分 都会生活では毎日、長時間満員電車に揺られストレス満載でしたが、今は車で5分で職場到着です。
勤務実態 建前は土日祝日休み

実際は週末は半分くらい休日出勤

残業は平均50時間

有休?なにそれ

休み、深夜関係なくなにかトラブルがあれば会社から容赦なく連絡が来て対応を迫られる

完全週休二日制

残業、休日出勤ほぼ0

有休9割消化

昼休みは家に帰って昼飯自炊できる余裕あり

移住前の年収は結構もらっていましたが、残業、休日出勤がかなりのウエイトを占めていたので、時給に換算すると残念な感じ

現在はほぼ暦通りの安定した生活

続いて平日の代表的なスケジュールを見ていきましょう

移住前 移住後
6時起床 朝食抜き、満員電車に揺られ職場へ 6時半起床、犬の散歩して朝食を自炊後、車で5分の職場へ
8時半職場着 7時50分職場着
外回りもあり昼休みは適時取得 基本吉野家とかコンビニ弁当とかかっ込む 昼休みは自宅に戻り自炊して30分くらい休憩
終業は19時~23時 帰宅は1~2時間後 17時定時帰宅
ほぼ外食、センベロの安い居酒屋とか好きだった ちょっと畑して犬の散歩して晩飯の支度
酒飲んで寝るだけ 19時半から完全フリータイム

移住後は時間的余裕が激増しました!

なによりちょっと外を見るとこんな景色が広がっているわけですよ!

癒されないわけがない

余った時間を、副業の準備、投資の勉強、ブログ執筆、youtube動画作成、釣り具のメンテナンス等に充てています。

まだまだ比較していきますよ!

項目 移住前 移住後
健康状態、体型 典型的なリーマン体型のメタボデブ、うつ病 体重10キロ減、年齢の割には筋肉質、健康診断異常なし
趣味 月に1回釣りにいけるか ほぼ毎週マイボートで釣り、毎回10キロ以上の水揚げ、副業にまで進化 家庭菜園、シュノーケリング、流木集め等多数
食生活 ほぼ外食 ジャンクフード大好き ほぼ自炊、自分で釣った新鮮な魚中心、野菜も半分くらい自給
旅行 年に1回くらいきれいな南の島とか 毎日がリゾート生活、旅行に行く必要を感じない
パクチー食べ放題の家庭菜園、他にも多数ハーブ育ててます

てな感じでサクッと比較していきましたが、

他にも聞きたいことがありましたらコメントをお願いします!

メリットばかりを上げてしまいましたが、移住のデメリットはなんでしょう?

私にとっては

ジャンクフードが食べれない

無性に吉野家やラーメン次郎が食いたくなります。

でも最近はyoutubeで再現レシピがたくさん公開されてて、それを見て自分で作るのも楽しみの一つになっています。

島には娯楽施設は少ないですが、元々、高級レストランやキャバクラ等には興味がなかったので私にはデメリットにはなりません。

離島暮らしは自然を楽しむ趣味がある人には向いていると思います。

私の場合は移住前の生活が相当荒んでいましたので、移住していいことばかりに見えますが

都会でうまくやっていける人も大勢いますし、そんな人を尊敬します。

最近は働き方改革なんかもいわれていますので、

少しは都会のサラリーマンのストレスも減っているといいですね。

田舎暮らし、離島移住、ダウンシフトを考えている方の参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です