奄美大島 移住者が語るダウンシフト向け転職とは? ワナ求人は避けろ!




こんにちは。

奄美大島移住歴5年amamijiggingです。

今回は、離島でゆっくりとダウンシフトな生活を送りたいなーと思っている方向けに

奄美大島の転職事情をお話しします。

かなり個人的な偏った主観が入っています

あくまで私個人の一意見と思ってご覧ください。

島で求人情報を探すのは

1.ハローワーク

2.転職サイト

3.紹介

の3パターンになるかと思います。

私は3の紹介でした。

労働力不足、人手不足があちこちで騒がれている昨今

奄美大島でも選ばなければ、だれでも転職できる状況にあります。

が、離島で歓迎される特殊な資格、スキルを持っていない限り、給料はどこも大差ないでしょう。

月給10万円代がほとんどでたまに20万ちょいがあるくらいでしょうか。

そんな給料で生活できるの?って思った方は

田舎暮らし希望者必見!離島移住者の家計簿を公開します!

給料は大差ないので、待遇にこだわった方が得です!

具体的には、土日祝日完全週休二日制の仕事です。

というのも島は土曜も祝日も仕事で休みは週1回日曜日だけ

って企業が結構多いんです

焦ってそんな会社に転職したばっかりに

都会にいたころより休みが少ない

⇒週一唯一の休みは結構な確率で集落行事が入る

⇒自由時間ほぼない

⇒給料が半分以下になったのに都会にいたころより忙しい

⇒何のために移住したの?

という負のサイクルにはまり島を後にした方を何人か知っています。

そんなわけで、島でのんびりダウンシフト的生活を送りたい方は

給料の金額よりも待遇を重視して職探しすることをお勧めします。

最近は島でも完全週休二日制の会社が増えてきています

条件のいい仕事は紹介できまることも多いので、その辺のアンテナは張っておきましょう

集落清掃や集落行事に積極的に参加し、顔を売るのもいい方法です

焦って転職しなくてもいいよう

最低でも2年間は無職で生活できるくらいの貯金をためておくことをお勧めします

ある程度自由時間があれば、何年か働きながら

本当にやりたい仕事をする準備、勉強もできます

ちょっと転職とは趣旨が替わりますが

島と相性のいい職業を紹介します

要は内地と同じ水準の給料が得られる職業です

1.医療系

いうまでもないですね。求人情報をみても、このジャンルだけは常に高給です。

医療系の資格があって島暮らしが好きな人は、人生イージーモードです

2.在宅IT系フリーランス

内地でITのスキルとクライアントをがっちりキープし、遠隔で仕事する

強いですよね。これからはというより大分前からITの時代でしょう

奄美市では積極的にフリーランスを応援する仕組みもあります

3.起業

LCCの就航、世界自然遺産登録の候補地になったことにより、観光客が激増しています。

それに合わせて宿泊業、レンタカー、エコガイド、マリンアクティビティ等、観光業界の需要が高まっています

うまく、内地客や外国人をリピーターにできれば島では考えられない金額が稼げます

知り合いで観光業にシフトした人、結構います

4.youtuber、ブロガー

離島に住んでいることがハンデどころかやり方次第ではプラスになる仕事です

個人的に注目しています。

私もyoutubeに動画をアップしているのですが、どうも喋りが苦手で釣行動画くらいしかアップできていません。

ブログについても1年、2年後に収益化できるよう頑張って記事を書いていこうと思います。

私も頑張っていきますよー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です