[釣行記] 2019/12/15 オオモンハタは連発するも・・・ 奄美大島 遊漁船 amami jigging




昨日に引き続き先週の日曜日の釣行記事となります

風は最近多い北東の予報でした

2019/12/15

お客様:M様御一行

出航:7時

沖上がり:15時半

風裏となる南西海域へ

途中、大島海峡内のポイントを3か所打ってみますがノーヒット

外洋にでて1か所目のポイントで

オオモンハタヒット

その後、外洋の近場のポイントを転々としてみると

小ぶりなカンパチヒット

その後もう一匹同じサイズを追加

サイズがでないか、別のポイントに移動

ここから、満潮潮どまりに入り、アタリがパタッと止まります

いやー

そっから3時間くらいノーヒット”(-“”-)”

魚の反応はあるんですが全く口を使ってくれない状況でした

当日はあまり重いジグを持っていないとのことだったので

水深は140mくらいまでのポイントに限定して攻略しました

私もプロとなった以上、限られたポイントでも成果を出さねばなりません

胃が痛い中、潮がようやく動き出したのか

水深120mの天然礁で活性の高いオオモンハタ群れに遭遇

お一人でのダブルヒットや

お二人でのダブルヒットなど

オオモンハタラッシュが続きます

その後もパタッと食いが止まり

またまた修行タイムへ突入

最後まで頑張っていただきましたが

いいサイズのでないままタイムアップとなってしまいました

釣果

カンパチ×3、オオモンハタ×6、ナガサキフエダイ

オオモンハタはいい型がでたのですが、カンパチがサイズでずでした

船長の腕が悪く

大変不甲斐ない釣果となってしまい申し訳ありませんでした

またリベンジお待ちしております!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です