[釣行記] 2019/12/14 久々の北東海域 ナガサキフエダイ4.8㎏等 奄美大島 遊漁船  amami jigging 




先週の土曜日の釣行記事となります。

久々の冬らしい北西の風が吹く天気となりました

2019/12/14

お客様:T様

出航:7時

沖あがり:15時

風裏となる久々の北東海域へ

最近ずーと南西海域しか行けてなかったのですが、

約3か月ぶりとなる北東海域へ

久々のポイントに期待が高まります

水深100~160mくらいの実績ポイントを転々としていきますが

安定のノーヒット!

2時間くらいアタリ無しの状況が続きます

常々発信しておりますが、

ジギングはスポーツです!

筋トレをしていたらたまたま魚が付いてきた

これくらいの感覚がジギングを長く続ける秘訣であると

私amamijiggingは確信しております

ただ魚が釣りたいだけだったら

エサ釣りすればいいんですよ

ジギングがスポーツフィッシングといわれる所以でもあります

ジグの操作を通して、海中のわずかな潮の変化

魚の接近を感じ取る

今日の潮にはどんなジグが適しているか?

ロングか?セミロングか?ひらひら形か?グラム数は?

このロッドとジグの選択はあっていたのか?

一匹の魚とのコンタクトまでの長い時間に

色々と試行錯誤を試みる

一匹の魚とのコンタクトに大の大人が狂喜乱舞する

ジギングっていいものですね

と釣れない正当化はこれぐらいにして

ようやく

水深90mの天然礁でファーストヒット!

逆光で見えにくくてすいません

潮見で私もジギングしてたら4.6キロのヨコフエダイとアザハタのダブルヒットでした

その後はカンパチ狙いで人工漁礁を転々とするも

5か所目の漁礁でようやく

ホンカンパチ4.5㎏

その後ヒレナガカンパチの3㎏くらいを追加

大物狙いで水深200mラインに行きたかったのですが

北風が強く無理でした

終盤、120mラインで

ナガサキフエダイ4.8㎏

奄美ではギンマツといわれるカンパチよりも高値の高級魚です

大変上品な白身魚で、癖も全くなく

どんな料理にもあいます

釣果

ナガサキフエダイ、ヨコフエダイ、ホンカンパチ、ヒレナガカンパチ、オオモンハタ、アザハタ

と魚種多彩、正月用のお魚を確保いただきました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です