[釣行記]2020/6/13.14日釣行 遊漁船再開するも一年で一番厳しい時期がやってきた!




おひさしぶりです。amamijiggingです。

沖縄は梅雨明けしましたが、奄美はまだ梅雨明け宣言はだされておりません。

実際はこの青空をみていただくとわかる通り奄美はもう梅雨明けしてます!

梅雨の時期とは空気が全然違うのですぐわかります。

きれいな青空で乾いた風が吹き、陸上では非常に心地よく過ごせる時期なのですが、海釣りでは一年で一番最悪な時期になります。

といいますのも

奄美梅雨明け後の天気図は

奄美の北側に梅雨前線が移動し、九州から本州付近を行ったり来たりするようになります。

そうすると、奄美では北にある梅雨前線に向かって南西の強風が吹くようになります。

この時期の季節風を島の漁師は荒風(あらぶえ)といい、昔から漁に長期間出られない嫌な風としてしられています。

私は大島海峡に面した古仁屋港にボートを係留しており、普段は外洋でカンパチメインのジギングをしています。

大体、季節でいうと、冬は北西の風が多いので、東海域、夏は南東の風が多いので西側海域と、それぞれの風裏の海域に行くことが多くなります。

この時期、南西の強風が吹くと、この時期だけは風裏がなくなるので外洋は西も東も両方時化て出られなくなります。

九州が梅雨明けするまでこの風は収まりません。

7月上旬くらいまで続くのでしょうか?

そんなわけで、この時期だけは海峡内の内海でしか釣りが出来なくなります。

海峡内はせまくポイントもそんなに多くないので、基本的に半日船で遊漁船を営業することにしました。

久々の遊漁船営業ですが、海峡内半日船での釣果報告です。

 

2020/6/13

お客様:E様、K様

出航:6時

帰港:12時

朝一でスジアラがダブルヒット!

しかーし

そのあと、続かずロックフィッシュゲームに移行

アカハタ、ニジハタ、カンモンハタが釣れるもリリースサイズがメインでした。

2020/6/14

お客様:S様

出航:6時

帰港:12時

最悪なことに前日の深夜、奄美近海で震度4の地震が発生( ;∀;)

海峡内限定かつ、地震直後と最悪のコンディション

正直、初のジギング坊主も覚悟します。

海峡内ジギングポイントを転々とするも、開始から4時間当たりなし( ;∀;)

坊主の二文字が脳裏をちらちらし始めます。

遊漁船開始後、ついに初坊主をやらかしてしまうのか

申し訳ないので、午後からエサ釣りでもしませんかとご提案しようかと思っていたら

ようやく

初ヒット!

 

海峡内の、好敵手

4キロちょいのヨコフエダイでした!

そのあと、もう一匹追加!

なんとか坊主は免れ

大物キャスティングをやってみたいとのことだったのでキャスティングもチャレンジ

キハダマグロのなぶらに遭遇し、2バイトあるも乗らず( ;∀;)

キャスティングは撃沈となりました

なんとも厳しい!

一年で一番厳しいシーズン突入です!

九州が梅雨明けしたら、完全に夏パターンになるので

今年は大物キャスティングポイントを開拓予定です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です