船外機交換後の初釣行![釣行記]2021/8/28日釣行




いやー

久々の投稿です。

船外機の不調を感じ、交換を決意し船外機の交換まで約3か月かかりました。

最後にジギングをしたのが4月だったので4か月ぶりのカンパチジギングとなります。

先日、船外機の慣らし運転だけは終えていたので、久々のジギング釣行となりました。

2021/8/28

出航:6時

帰港:11時

絶好の凪日和!

どの海域へも行き放題の最高の天気!

ですが、船外機交換後の初釣行というもあり、一番近場の北東海域へ行くことにしました。

久々のカンパチジギングのため、まずは浅場と肩慣らしと行きたいところですが、夏場のカンパチジギングがとにかく早朝勝負!

日が差すと海面水温があがり、二枚潮がきつくなりジギングが成立しにくくなります。

なのでいきなり水深200m前後の実績ポイントへ直行!

ジグもいきなりアローの600gから行きます。

これでダメならもっと重くするし、重すぎたら軽くします。

一投目、久々のジグが海中に落ちていく感覚を味わいつつ、着底。

海底から10m根切り後にワンピッチで誘いあげていきます。

10mほど誘ったところで魚がまとわりつく前あたり!

これは確実にカンパチがいると確信しつつさらに10mほど誘いあげるといきなりヒット!

ドラグ9キロを出すほどのサイズではないですが、久々のカンパチの引きを満喫

上がってきたのは3.6キロのヒレナガカンパチでした!

かなりの数が追ってきたので確実に連発するだろうと再度、ジグを投入するもののまさかの不発!

やはりカンパチは甘くないですねー

その後は150mから200mのポイントを転々としスマガツオ追加

150mのポイントにて着底から30m上でビッグヒット!

ドラグ9キロで10mほどラインが引き釣り出されます!

いきなりの10キロオーバー確定と、頑張ってあげてみると

ヒレナガカンパチ10.6キロのしっぽの擦れがかり!

なるほど、サイズのわりにラインを出されたわけです。

その後、4~5キロクラスのヒレナガカンパチを追加

まだ時間は10時半でしたが、久々のディープカンパチジギングに体力を消耗し、釣りを終了

新品船外機もいきなり終日稼働も可愛そうですし安全を見て早めの帰港といたしました。

釣果は

久々のカンパチジギングでしたが、やっぱりしんどい!

10月いっぱいくらいは夏潮が続くのでカンパチで使用するジグは400gから800gくらいがメインとなります。

遊漁船のほうは奄美では県独自の緊急事態宣言が発令されていることもあり、しばらくは島内のお客様だけで細々とやっていこうかなと思っています。

奄美でもコロナウィルスのワクチン接種が希望者には10月中には完了しますのでそうしたら通常営業もできるかもしれまんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です