[スロージギング]最初の一本、コスパ最高のロッドはこれだ![スローJ][レビュー][インプレ]




こんにちは。amamijiggingです

youtubeやSNSでよく聞かれる質問で

「これからカンパチジギングを始めたいのですがおすすめタックルは何ですか?」

という質問をよく受けます

カンパチジギングを初めて5年

少なくても2ケタ以上、10キロオーバーのカンパチを釣ってきました

そんな私が実際に使ってみて間違いないタックルをご紹介いたします!

ロッド編

最初の1本は シマノ グラップラー スローJ B685 で間違いなし!

これ一本で200g~400gぐらいのジグを使えるので

水深ですと、50m~200m位まで対応できます

奄美大島、九州、四国、沖縄周辺のカンパチ狙いなら

まずはこれ1本あれば大丈夫です!

シマノ(SHIMANO) 19 グラップラー タイプスローJ B68-5 38934 【大型商品】

私の実績では

33キロのチャイロマルハタをあげています

どうでしょうか?

こんな誰もが人生に一度は釣りたいであろう魚が実際に釣れています

(これは水深が浅かったのでB683を使っています)

もちろん10キロオーバーカンパチの実績もあります

もうこれで十分では?

B685を使い込んでスロー系ジギングの操作に慣れてくると

ジグに効率的に力を伝えられるようになってくるので

おそらくもう少しパワーの弱いロッドが欲しくなります

同じロッドで同じジグを使っているのに

ジグがエビになるようになった

⇒ それは上達している証です

エビとは、リーリングと竿のしゃくりのタイミングが合わなかったり、ジグへの入力パワーが大きすぎると、リアフックがリーダーを拾ってしまう状況です

エビ発生のメカニズムと対策は以下の動画をご覧ください

そうしたら B683を買い足すことをお勧めします

シマノ(SHIMANO) 19 グラップラー タイプスローJ B68-3 38932 【大型商品】

この2本あれば、特に困る場面はなくなるはずです

後は好みですね

私は他にもスロー系ジギング用ロッドとして

ポセイドンスロージャーカー4oz、6oz

ディープライナー ロジカル60#8、 マニアフェローズ48

を持っています

これらも大変いいロッドですが、

初心者へお勧めする最初の一本としては絶対

シマノグラップラースローJをお勧めします

その理由を比較表にまとめました

値段 丈夫さ ガイド 操作性 見た目 コスパ
スローJ 20,735 アルコナイト
スロージャーカー 54,000 SIC
ロジカル 65,000-85,000 トルザイト ×
マニアフェローズ 57,000-66,000 トルザイト ×

いやいや、スローJが安すぎるのか

他が高すぎるのか?

他のロッドの4分の1~3分の1じゃないですか!

ロジカル1本でスローJなら3.4本買えてしまう

格安ロッドでおなじみのエイテックとかtailwalkの竿より安いです

唯一、メジャクラのGXJ-B66/5SJなら1000円くらい安いけど

カンパチで使うなら断然スローJ685が向いてますし

1000円くらいの差なら世界のシマノで決まりでしょう!

これ以外の選択肢があるのだろうか?

いやない!

悪いことはいわんからこれにしとけ

スローJのいいところをさらに細かく説明していきましょう

丈夫さ

私が持っているスロー系ロッドの中で、竿をたててファイトできるのはスローJだけです

シマノはそんなにアピールしていないですが、元祖曲げれるスロー系ロッドはこれです

イワやZENAQとは歴史が違うのだよ!

33キロのチャイロマルハタをドラグ7キロで

実際にバットを曲げてファイトしている動画です

流石に、スロージャーカーやロジカルでこんなファイトはできません

ガイド

スローJはトップだけSIC、他はアルコナイトガイドを使用しています

アルコナイトはSICよりちょっとだけ性能が低いですが値段は半額です

それでこの価格を実現しているんですね

シマノはグラップラーシリーズを海外で使用することを想定して

作っているそうです

性能が少し劣るといっても海外では一番メジャーに使われているガイドですし

日本よりもはるかに巨大魚との遭遇率が高い

海外で使用されていることからも、実釣に問題はまずないでしょう

実釣に影響の少ないところでパーツの値段を抑えて消費者に価格で還元する

こういうシマノの企業姿勢は大変好感が持てます!

スロージャーカーに関しては、ガイドのスレッドをあえてゆるめに固定してあります

これは製作者の佐藤統洋さんがおっしゃるには、ガイドにPEラインがからまった時に

あえてガイドを抜けやすくしてロッド本体の破損を防ぐためにそうしているそうです

実際、私もスロージャーカーのガイドは何度も抜けてスレッドで巻きなおしています

この辺は玄人好みの設計なので初心者の方は、普通にがっちりガイドを固定してある

スローJのほうが扱いやすいんじゃないかと思います

あとロジカル、マニアフェローズのトルザイドガイド

これが結構やっかいです

この黒いトルザイドリングがよく外れます!

私は今まで3回外れてます

知り合いでトルザイドリングが外れたことのある人

3人知っています

PRノットの焼こぶ部分がガイドに引っかかった時によく外れます

スロージャーカーみたいにガイド自体が外れたらすぐ気づきますが、

リングだけ外れてもなかなかわからないです

最悪のケースは

リングが外れているのを気づかずデカいのをかけて

ガイドの摩擦でPE高切れ((+_+))

これほどむなしい敗北はないでしょう

トルザイドガイドはここを改良してほしいですね

というわけでトルザイドガイドを使ったロッドは初心者にはおすすめできないです

操作性

これは各自の好みも多分に交じりますが

スローJは曲げても大丈夫なようバットを強めに仕上げています

スロージャーカーやロジカルなどはメーカー自体が竿曲げファイトを

推奨しないくらい、ジグの操作を最優先に考えて作られています

結構振り切った作りですよね

なので、ジグを操作するときはバットの根元から気持ちよく

曲がって振幅してくれます

その点、ちょっとスローJは根元が曲がりにくいので

操作性は若干劣ると思います

でも、本当にわずかな違いであって初心者の方は

気づかないくらいの違いです

正直、魚をヒットさせるだけなら

スローJもスロージャーカーもロジカルも差はないと思います

車で例えると

スローJ      ⇒ 軽自動車

スロージャーカー  ⇒ ベンツ

ロジカル      ⇒ BMW

ってイメージでしょうか

人間や物を運ぶのに必要な性能はどれも十分備わっています

見た目

これも好みですが

スロー系のロッドって高額なロッドでもどれも

デザインはいまいちだと思います

バスロッドなんかは安くてもかっこいいロッドが

いっぱいありますよね!

スローJは安くても流石はシマノ

安っぽくない見た目には仕上がっているんじゃないかと思います

 

ここまで初心者の方に向けて

散々スローJを押してきたわけですが

結局、お前はどのロッドが一番好きなんだよ?

と聞かれると

それは

スロージャーカー

です

一番メインで使用しているということもあり、

もう左手の延長のような感じでなじんでしまっています

後ですね

私は理系学部出身ということもあり

普段から釣りに関する諸現象に関しても

極力、数字で把握、理解するようにしています

例えば上潮が何ノットで流れていて

着底まで何gのジグが何秒かかって

魚がボトムから何m上でヒットして

ラインシステムの破断強度が何キロなので

ドラグ設定を何キロにして

ドラグ何キロでファーストラン何m走られた

とかですね

何のためかというと

簡単に言うと再現性のある釣りをするためにそうしています

この辺についても改めて記事にしたいと思います

ここから先はそんな私が

スロージャーカーも関して感覚的にも

好きな理由を説明していきます

あくまで私個人の感覚によるものです

 

スロー系のジグの操作として

ロッドを曲げ、復元する

その振幅エネルギーを

ラインを通して

100m以上先のジグに伝え

一気にそこで振幅エネルギーを爆発させて

ジグを飛ばす

さらにロッドの振幅リズムとタイミングを合わせてリーリングすることで

振り子の原理で徐々に振幅エネルギーを増幅させていったりできる

感覚的にこの動作を一番ここちよくできる再現できるロッドが

私にはスロージャーカーであるということです

フライフィッシングをやる方ならわかると思うのですが

綺麗なループが作れたら

キャストしているだけで楽しいですよね

この綺麗なループやフォルスキャストにおける

振り子の原理にあたるものが

スロージャーカーのロッドの曲がり方、振幅力に近いです

なので気持ちよくジグを操作しているだけで

魚が釣れなくても楽しいです

マニアには当然スロージャーカーは欠かせない!

カンパチでは4oz、6ozがあればOKです

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です